文箱ロゴ

文芸部とBOXで、ゲーム作っちゃいました。

はじめに

「文箱」とは、和歌山大学における2つの創作集団「文芸部」と「BOX」がタッグを組み、ゲームを制作する企画です。

2011年から不定期に行われ、3回目となる今回では2つのPC向けノベルADVゲームが完成しました。

シナリオは文芸部が担当し、画面デザインやスクリプトはBOXが担当。キャラクターやCGなどのイラストは文芸・BOX両部の絵描きたちが力を尽くしています。

互いが互いの長所を生かして制作したゲームを、ぜひお楽しみください!

ゲーム紹介

君に捧げるそぼろ丼

「君に捧げるそぼろ丼」ロゴ

またそぼろ丼を作ってきたら、君は食べてくれるかい?
 今度こそ、美味しいそぼろ丼を持ってくるから

そぼろサンプルCG

ひょんなことから見知らぬ少女にそぼろ丼を食べさせることとなった少年。

丹精込めて作り上げたそのそぼろ丼は思わぬ酷評を受けた。

彼女の厳しい評価に少年が感じたのは怒りではなく、悔しさ。

少女に美味しいと言ってもらうために、笑顔になってもらうために。

彼はまたそぼろ丼を用意すると決意した。

少年の誇りを賭けた長い冬が、今始まる。

ルーガルー・ガール

「ルーガルー・ガール」ロゴ

残酷な運命が、あの子に牙を剥かないように――。

ルーガルーサンプルCG

※一部流血表現がございます。

夏休み前、まるで人狼の仕業を真似たかのような猟奇殺人が起きた街。

そこに住む高校生、桜木木葉(さくらぎこのは)は、不思議な世界に迷い込んだ。

そこは、明らかに自分の住んでいた町──そのはずなのに、自分以外の人間が消えている?

そんなゴーストタウンを彷徨っていると、少女は狩人を名乗る人物と出会う。

『ここには”狼少女”がいる。4日以内に探し出し、そいつを殺すのだ。奴を、けして街に帰してはならぬ──』

傷を負っていた狩人は、そう言い遺すと静かに息を引き取った。

少女の手許に残ったのは、狼を殺す銀の拳銃のみ。

少年少女、5人の切ない物語がここから幕を開ける。

文箱公式Twitterアカウント

@bunhako2014

@bunhako2014さんのツイート

PCからこの特設サイトへのアクセスにお使いいただけます。

プレイした感想など、メッセージもぜひお寄せください!

ダウンロード

※PC向けのゲームですので、ダウンロードはお持ちのPCにて行ってください。

 

ゲームの起動には、Adobe AIR ランタイムのインストールが必要となります。

インストールがお済みでなければ、以下のバナーよりインストールしてください。

下のボタンのリンク先(Dropbox)より、ゲームデータをダウンロードしてください。

(約292MB zipファイルのため、適当な場所に解凍してください。)

Dropboxによるダウンロードを開始しました!

 

「readme」ファイルをよくお読みになってから、ゲームをお楽しみください!